あるところに亀井進(かめいすすむ)という整体の先生がいました。亀井先生は港町で整体をしていました。

亀井先生は当時から高い技術を使い体の大きな漁師さんを相手に地元で有名な整体師として活躍していました。

日本が戦争に負けると、マッカーサーは東洋医学をやってはいけないという法律を作りました。

 

西洋医学と違い東洋医学は施術内容が一律ではなく、やることが先生によって違いました。

そのため怪しいといって禁止してしまったのです。

東洋医学で生計を立てている方は仕事がなくなってしまいます。これではご飯は食べられません。

当然ながら日本中で反対する声が上がりました。

これではいけないと、日本中の東洋医学で生計を立てている人々、日本古来からある東洋医学の禁止を憂いる西洋医学のお医者さんなどありとあらゆる方々が集まりました。

 

海外から来た西洋医学にも負けないものを作ろうと

様々な技術や知識、口伝の奥義や秘伝の技など、持てる力を総動員し技を出し合いました。

 

これでもかというほど凝縮された膨大な量の技が生まれたのです。

 

その技を現在でも使っている整体。

 

それが均整法なのです。